インスタの気持ち

Instagramに載せた時の感動を記憶にとどめるために立ち上げました。

フィッシュアイ:スカイツリー

f:id:momomohakase:20190112212156j:plain

浅草EKIMISEの屋上からオリンパスのフィッシュアイボディーキャップレンズ、BCL-0980での撮影です。パース感を出したいために屋上の欄干を入れてみました。

スカイツリーがおまけのようですが、こちらが主役。です。

 

f:id:momomohakase:20190112212201j:plain

こちらはコンセプトは一緒ですが、隅田川にかかる吾妻橋からの夜景撮影です。

アサヒビールを入れて主役を主張させました。だけどお気に入りは川面に映る首都高速の電灯の明かりです。遠近感を出すために橋の欄干を入れてみましたが、結局入りきらず。スクエアフォーマットにまだ慣れていない証拠ですね。楽しいです。

 

 

フィッシュアイ:浅草

f:id:momomohakase:20190101095416j:plain

オリンパスのボディーキャップレンズBCL-0980を購入したので早速浅草出張の際に持っていき試し撮りをしました。

2:3の縦長フォーマットだとかなりのパースがついて面白い絵が撮れるのですが、なかなかどうしてInstagramのスクエアフォーマットでも結構迫力ある絵が撮れました。

レンズ自体はオートフォーカスもないおもちゃみたいな作りですが期待以上の写りをします。もうちょっと出来が悪ければきちんとしたフィッシュアイレンズを購入するのですが、そんな機会はまだないです。

EverFilter

f:id:momomohakase:20181224073214j:plain

スマホのアプリで「EverFilter」というものがあります。

フィルターを実行すると映画「君の名は」風のアニメ絵に変換してくれるという代物です。類似アプリは何件かあるのは知ってますが、これが一番出来が良いと思っています。

どうも専用のサイトに画像を送ってAI処理して返す。中国系のアプリのようです。

そう聞くと最近国際問題でも賑わせている国家レベルでの個人情報漏洩なんて物騒な話に発展してしまいそうですが、それはさておき、現在そのサイトが閉鎖されているのか使うことができないのです。

色んな意味で悲しいことです。

 

羽田空港国際線ターミナル

京急線を通勤に使用しているのですが、この時期の羽田空港のイルミネーション広告は非常に魅力的です。これでもかっ!っているポスターが社内の所狭しと並んでいるのですから。これは行かないわけにはいきません。

f:id:momomohakase:20181223200232j:plain

ここがメインストリートですね。ホワイトバランスを調整して幻惑的な雰囲気に仕上げてみました。アートフィルターのポップアートとスターライト効果の派手派手効果をいれているので、渋谷の「青の洞窟」に負けないくらいになっています。

 

f:id:momomohakase:20181223200215j:plain

これも派手に仕上がっていますね。国際線ターミナルに入ると目の前にある江戸舞台というものでしょうか。やはり実物はここまで派手ではないですよ。やりすぎ感が半端ない。

 

f:id:momomohakase:20181223200149j:plain

ヨットの帆のようなイルミネーションです。1枚目のイルミネーションを横から見るとこうなります。ここまでいくとスターライト効果がかなり嫌味になってきます。来年はクロスフィルター買いますよ~~。

イルミネーション:ソフトウェア加工

f:id:momomohakase:20181008120027j:plain

 毎年11月ごろになると、街中ではイルミネーションが始まります。

「きれいだなぁ~」と思いカメラを向けるのですが、どうしても手ブレが酷く、納得行く結果になりません。今年こそは気合を入れてイルミネーションを撮ると心に決めた次弟です。

スマホのアプリには、クロスフィルタを実現するアプリケーションフィルタが沢山存在しまが、今回はOLYMPUS VIEWER 3 のポップアート、スターライト効果にてクロスフィルターを再現してみました。

 

f:id:momomohakase:20181008120052j:plain

予想以上に「いいね」を頂いた一枚。

自分自身ではそれほどいい写真ではないと思っていたのですが、シルエットがどうも目についたようです。イルミ効果は左上程度でかなり低いですね。

 

f:id:momomohakase:20181008120110j:plain

こちらは逆に効果が過剰になっています。

手前の柵に電飾がちりばめられていたため、このような写真になっています。

イルミネーションを主役におさめましたが、ここまでいくとかなり現実感を逸脱してしまっているかと。

 

f:id:momomohakase:20181008120129j:plain

これぐらいが適切でしょうか。

ロケーションも納得が行く構図で、イルミネーションも程よく散りばめており、嫌味になるほどのフィルタ効果もなくバランス良く仕上がりました。

紅葉 2017

f:id:momomohakase:20181006091955j:plain

紅葉の写真は大好きです。春は桜、秋は紅葉といった風ですが、個人的には紅葉の方が撮っていて楽しいです。桜の色を写真で表現するのは私程度のウデではなかなか難しいのですが、紅葉は色が濃いし、多色で構成されているからでしょうか。

最初の一枚は生田緑地です。手前の木は桜になります。非常に邪魔だったのですが、どうやってもこの桜を避けることができなかったので、いっそのこと主役級にもってきてしまえー!と思い撮った次第です。

 

f:id:momomohakase:20181006092010j:plain

紅葉の一枚をズームアップしてみました。相対的に背景がかなりボケています。私の思うボケの目的は、どこで撮ったかわからなくすることを第一目的としています。

今回の写真はすべてOLYMPUSE-P3でとっています。

上記の写真は望遠レンズの望遠端。フルサイズの高級レンズがいいのは百も承知ですが、マイクロフォーサーズは買いやすいレンズの価格設定はそこまで費用を投入できない私にとっては代えがたいシステムです。

 

f:id:momomohakase:20181006092033j:plain

パターン構図を意識して撮影した一枚です。

見苦しい(枯れていない)紅葉を入らない構図を見つけるのが大変でした。いや楽しかったが正解かも。枯れているのもまた一興だと思いますが、そこまでの応用を効かせるのは後々もっとスキルが上がってからということで。

まずは基本を押さえた構図で撮影することが楽しいです。

 

f:id:momomohakase:20181006092049j:plain

後方の丸ボケがちょっと汚いですね。これはiPhone6で撮影。

こういうところでスマホとカメラの違いが出ますね。今回は悪い例でしたけど、テーブルフォトとかだと逆にスマホの方が被写界深度の関係でiPhoneの方がほとんど綺麗に撮れます。私の場合は。

適材適所とゆうやつなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

民家園

f:id:momomohakase:20180908154849j:plain

初めて民家園なるところに行ってみました。

生田緑地内に建てられている民家園群です。パッと見、絵になる被写体ばかりと小躍りしたことを覚えています。

 

f:id:momomohakase:20180908154856j:plain

季節柄、干し柿が多く見られました。干し柿を干しているのも初めて見ました。

アジとかの干物もそうですが、天日干しは、屋外にさらしているため清潔感というところで抵抗があります。都会っ子のいや~な面を自己反省してしまします。

 

f:id:momomohakase:20180908154904j:plain

い~と~まきまき~♪の歌を思い出しながら見学しました。

糸巻き機を見るのも実は生まれて初めてだったのです。造形美がカッコいいですね。

 

f:id:momomohakase:20180908154915j:plain

わらぶき屋根の裏側を撮影しました。

表側は「ふわ~」とした感じですが、裏側はかなりワイルドです。

イメージよりもかなり屋根に手が入っていました。これが本当であれば、江戸時代とか室町時代とか良くわかりませんが、こんな家に住んでた人はかなり裕福なのか?と思いました。

 

f:id:momomohakase:20180908154926j:plain

干し柿をクローズアップして、さらに周りをモノクロで仕上げました。

インスタではなかなか目立つ表現ではありませんでしたが、こうやって拡大させるとかなりインパクトの強い不思議写真に仕上がってますね。