インスタの気持ち

Instagramに載せた時の感動を記憶にとどめるために立ち上げました。

ヒマワリ:ココア

f:id:momomohakase:20180113174448j:plain

夏の風物詩、ヒマワリの花です。

ヒマワリと言えば花びらが黄色というのが相場ですが、このヒマワリは茶色?赤?といった色で珍しい!と感じたためシャッターを切りましたが、ネットで検索すると「ココア」と呼ばれる比較的メジャーな品種でした。

このヒマワリもとても鮮やかな色彩で素敵な花と思いますが、こうやって写真にとってマジマジみると毒々しいものですね。

白い恋人パーク:ローズガーデン

f:id:momomohakase:20180113091226j:plain

北海道の白い恋人パーク内にあるローズガーデンにて撮影しました。

非常に混雑している中、時間も取れなかったので慌てての撮影でした。今回のバラの花びらの色がかなり濃かったたため、原版はかなり毒々しい色合いでした。

利用した「アートフィルタ」は「ウォーターカラー」です。このフィルタは非常に使いこなすのが難しいです。水彩画のような効果を与えるようですが、写真として明るすぎてもダメ、暗すぎてもダメ、色の変化もそこそこないと見栄えが良くないといったかなりハードルの高いフィルタではありますが、花を被写体にすると独特の雰囲気のある写真が撮れることがわかりました。

 

なお、カメラはオリンパスではなくCASIOのEX-ZR1000です。

スマホに取り込んで、「Sweet Photo」アプリで加工しました。解像感は低くなりますがオリンパスのアートフィルタを利用できて非常に便利です。

横浜中華街:玄武門

f:id:momomohakase:20180113085427j:plain

横浜中華街の「玄武門」だったと思います。

有名なところだと「善隣門」がありますが、今回は関内駅から大桟橋へ向かう途中に見かけました。中華街の中心からちょっと離れた場所にあるため絵面としては地味でした。

イマイチピンとこない写真の時は「アートフィルタ」を利用して撮影します。

今回は「ラフモノクローム」を使用しました。このフィルタはどんな撮り方をしてもそれなりに格好良く仕上がります。人物を右側に意図的にいれて作品っぽく仕上げてみました。

毎年行われている、大田区六郷土手の花火大会です。

今年も頑張って撮影をしてみました。

f:id:momomohakase:20170909202124j:plain

ウニのようになってますね。結構シャッタースピードは長め。

 

f:id:momomohakase:20170909202137j:plain

これはお気に入りです。携帯電話のアンテナが大きく遮ってはいますが、青と赤の二色構成が美しい。左に風が吹いていたんでしょうね。流れています。

 

f:id:momomohakase:20170909202150j:plain

フィナーレを飾る花火を撮影しました。世界の終わりかと思うくらいの写真となりましたが、みなさんみた経験のある「シュワー」ってなる柳のように落ちる花火に左側の風が吹いてこんなになりました。

うーん、動画を撮っておけばよかった。。。。

PEACE BOAT

f:id:momomohakase:20170909201341j:plain

大さん橋に行きました。前回は飛鳥IIでしたが今回はちょっと小さい「PEACE BOAT」あの居酒屋のお手洗いとかに貼ってある「世界一周格安船旅」のPEACE BOATです。

どうも怪しいイメージがつきまとうのですが、ネットとかで確認するとどうもそんなことはなく、観光旅行というよりか「船旅を楽しむ」それが世界一周規模なだけ、と捉えました。

今回は船舶説明会ということで関内の駅からかなりの大軍団が大さん橋に向かっていました。

どちらにしろ3ヶ月以上も休暇を取ることもできないので私にとっては現在は無縁の話ですが、第二の人生の際にはこんな旅もしてみたいと、PEACE BOATに想いを馳せました。

川崎アゼリア:サンライト広場

f:id:momomohakase:20170409135652j:plain

川崎駅の地下街の中央広場の照明設備を見上げて撮影しました。

人はひっきりなしに多いし、なかなかシャッターを切るには恥ずかしい場所ではありましたが、頑張ってみました。次回は22:00過ぎの深夜帯に挑戦してみよう。でもその時間での川崎駅は多分酔っている可能性が非常に高いので、いい写真は期待できないかな。

入道雲

f:id:momomohakase:20170318083855j:plain

入道雲を見ると夢が広がります。山を見るのと同じ感じかも。思わずシャッターを切ります。下町生まれだったので小さい頃は空が狭く、上を見上げると必ず視界に何かが入っていましたため、空の広いことに感動してしまいます。